HAMAYA

プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ

ニュース一覧 会社案内 HAMAYAのお店 採用情報 コーヒーについて 社会貢献活動

トップページ > コーヒーについて > コーヒー鑑定士

コーヒー鑑定士
コーヒーテイスターといえばHAMAYA
1985年、ハマヤはコーヒーテイスターを企業のアイデンティティとして掲げ、コーヒーメーカーとして専門の道を歩んできました。産地や農園の選定、生豆の選別、焙煎設備と技術の安定、店頭へのスピーディな配送、売場における品質の保持、お客様のテイストを探るコンサルティングセールス、パッケージやお持ち帰り時の工夫。それらに関わるすべてのスタッフがお客様にコーヒーを「美味しく・愉しく・幸せに」味わっていただけるよう、テイスティングの心をもった誠実で細やかなプロを、コーヒーの文化とセンスを追求していきたいと考えています。
MAP コーヒーベスト

コーヒーの生産地
コーヒーの木は、赤道をはさんで南北緯25度の地域で育ちます。このエリアを「コーヒーベルト」と呼び、約60ヶ国で生産されています。主要なコーヒー産地は“世界の3大産地”といい、東アフリカ・アラビア、インドネシア、ラテンアメリカの3エリア。コーヒーは生産地ごとにその味わいも香りも全て異なります。特に標高の高い場所で取れる豆は甘味が強く、その年その年によっても違った味わいを見せてくれます。産地ごとに育まれる独特の風味をお楽しみください。

世界をめぐる生豆の旅

生豆を選定する旅は、赤道をはさんで世界60ヶ国に広がるコーヒーベルト。1年をかけてぐるっとひと回りです。現地から取り寄せた生豆サンプルをコーヒー鑑定士がチェック。形状や色合いの判定、入念なカップテストによる味覚の判定を行い、承諾が出た豆だけを輸入します。手間ひまかけて育てられた在来種で、均質な豆のみ限定して、商品化しています。

焙煎工場 画像01

コーヒー鑑定士が味覚の責任者

生豆の検査から、豆のブレンドや煎り方まで、バックボーンになるのはクラシフィカドール(コーヒー鑑定士)です。ブラジルの養成学校で研修し、資格を取得。帰国してからの多年の経験が厳しい眼と訓練された舌を生み出しています。

焙煎工場 画像02

ブレンドこそコーヒーメーカーの資産

コーヒー鑑定士が産地特有の持ち味を数種調合して、香りとコク・酸味・苦味・甘味・後味など、ハマヤ独特のブレンドを創り出しています。コーヒーメーカーの評価はここにあると考えます。生活シーンやトレンドのキーワードから、新たなブレンドを創りだせるのも強みです。


豆の特性を引出す技「焙煎」

豆の奥深くに眠る味や香りを引出すのが焙煎。最新の焙煎機を採用し、深煎りから浅煎りまでベストと考える8段階でローストしています。火力が強い備長炭でじっくり焼き上げる炭焼焙煎もあります。

焙煎工場 画像03
TOP | 焙煎工場
 
クラフィシカドールが作る至極の一杯 鑑定士ブランド

コーヒーの本場ブラジルでは、この2つのテクニックを厳しい試練の末、マスターした 人を“クラシフィカドール(コーヒー鑑定士)”として政府が公式に認定しています。当社の東祐司もその一人。その東祐司が、『今、一番美味しい』と感じている豆を巧みにブレンドしたものが『鑑定士ブレンド』です。 製造も週1回しか行わない、コーヒー鑑定士こだわりの逸品です。

鑑定士ブランド
ご購入はこちらからどうぞ

※ここから先はHAMAYAコーヒー通販倶楽部 ショッピングサイトへリンクします。

商品についてのお問い合わせは 0120-051-808 お客様係 10:00〜16:00(平日)
ニュース一覧 | 会社案内 | HAMAYAのお店 | 採用情報 | コーヒーについて | 社会貢献活動
Copyright (C) 2007 HAMAYA Co.,Ltd. All Right Reserved.